2020年02月20日

女性が薄毛なる原因はホルモンバランス?

2020-02-20_125332.jpg

薄毛で悩むのは、男性だけではありません。
比率的には、薄毛になる確率は男性の方が圧倒的に多いため
育毛剤や発毛クリニックなどは男性向けのものが多いですね。

女性も薄毛や抜け毛に悩むことはあります。
女性が薄毛になる原因は、大きく2つあります。
ひとつは出産後、もう一つは閉経後です。

どちらも女性ホルモンのバランスが大きく揺らぐ時です。

妊娠中は、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が活発に
なっています。
エストロゲンは毛髪の成長サイクルに影響を与えるため
妊娠中は、毛髪の成長サイクルが止まった状態なんです。
出産後、エストロゲンはじめ女性ホルモンが通常モードに
移行するため、急減します。
その時に、毛髪の成長サイクルが一気に動き出して抜け毛が
激しくなるのです。
毛髪の成長サイクルは6カ月くらいなので、3ヶ月から半年間
時間経過すると元に戻ることが多いです。
その間は、薄毛が目立ちにくいショートカットにするなどで
髪型を変えることでごまかす方法もあります。

閉経時も、女性ホルモンが減少し、その際にエストロゲンも
併せて減少するため、じわじわと薄毛になることがあります。
頭皮をマッサージするとか女性用育毛剤でケアするなどの
対策が必要です。



タグ:薄毛 原因 女性
posted by 莉菜 at 13:16| Comment(0) | 女性 薄毛 原因 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。